浮気をしている人は、実は世の中には数多く存在します。その全てのカップルが首尾よく浮気を出来ているとは限りません。当然のことながら、伴侶に浮気がばれて修羅場をむかえたことがある経験者もいます。
浮気がばれて修羅場をむかえた経験者の中には、現場を目撃された人がいます。それは伴侶自身であったり、伴侶の知人であったりと様々ですが、現場を目撃されては言い逃れはできません。しかも、ただ歩いているだけではなく、路上でキスをしているところやホテルに入っていくところを目撃されてしまいますとアウトです。そのような場合は、伴侶から問い詰められることになります。そして言い逃れは出来ませんので、そのままビンタを食らうといったことがあります。
それよりも深刻なケースが、探偵を雇われて現場を押さえられた時です。これは証拠写真もありますので、浮気を否定することは出来ません。そうなりますと伴侶は逆上して止められない状態となります。伴侶の暴走を止めることが出来なければ、包丁といった凶器が登場する場合があります。そして、伴侶は本当に自分を刺そうとしてきますので、命に関わります。かなり身の危険を感じる修羅場と言えるでしょう。
探偵に現場の証拠写真を撮られて伴侶に迫られるよりもさらに恐ろしいことがあります。それは、自宅に浮気相手を連れ込んでベッドで営んでいる時に、伴侶が帰ってきて目撃されてしまうというケースです。ここまで悲惨な状況を作るようなリスクを負う人は数少ないですが、中には自宅連れ込み浮気をする人がいます。そして伴侶にベッドでの現場を目撃されて、逆上されてしまうというパターンです。これは相当危険な修羅場をむかえることになります。包丁といった凶器はもちろん登場しますが、自分自身だけでなく、浮気相手にも怒りの矛先が向きますので、二人まとめて始末される可能性があるのです。自宅で、しかもベッドで行為中のところを目撃されてしまうのですから、伴侶の怒りはおさまりません。こうなりますと、警察を呼ぶしか手段が無くなってしまいます。自分自身では伴侶の怒りをおさえることは不可能です。そして伴侶が殺人未遂容疑で事情聴取なんて事もあり得るのです。
このように、浮気がばれた時の修羅場には様々な形がありますが、どれも危険であることに変わりはありません。できることなら、伴侶にばれることなく、上手に浮気をして、平穏無事な生活を送りたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です